特産物をお得にゲット

野菜

「ふるさと納税」をご存じでしょうか。わずか2,000円のお金でそれ以上の値段の各地名産品をもらえる制度です。たとえば20,000円をふるさと納税で寄付すると、あとで所得税が18,000円ぶん返ってきて、20,000円の寄付金に該当する名産品がもらえるというわけです。今までの一例を挙げますと、30,000円でお米60kg・10,000円で高級牛肉1kgや地ビール6〜12本・他にもイチゴやサザエが入った海の幸盛り合わせなどなど。変わった所では30,000円でPCディスプレイ23型、ダイレクトに金券(こちらはさすがに得する金額が少ないようですが、それでも30,000円で5,000円分の商品券など)がもらえたりします。ただし、2,000円の損でおさめられる寄付金額はあなたが支払っている所得税で決まりますので、算出サイトで上限額をしっかりと調べるようにしましょう。

どうしてこんなにお得なの、なんだか怪しいと思うかも知れません。ですが、この「ふるさと納税」にはちゃんとした国側の目的があるのです。ふるさと納税は自分が居住地以外の地方自治体にも寄付できるのですが、その場合でも所得税が安くなったぶんの損失は居住地の地方自治体が被ることになります。これはつまりあなたが収める所得税の一部を、居住地以外の地方自治体が受け取るということです。これこそがふるさと納税の目的で、つまり都市部などの人口密集地に多く集まる税収を各地方に振り分け、地方の活性化を促すことにつながるのです。安倍内閣はこの制度をさらに推し進めるべく、2015年からは2,000円の損でおさめられる寄付金額の上限が2倍になるよう税率を改正しました。日本を支える高額納税者への支援という側面も含め、このふるさと納税は日本の景気回復という目的の為に作られた制度なのです。この目的は国にとって重要なため、今後さらに上限額が引き上げられる可能性もあります。ともあれ、せっかく作られたこのお得な制度。見逃してしまう手はありませんよ。

寄付金の一つ

肉

ふるさと納税は自治体への寄付金とされており、一定金額を寄付することによって一部の控除を受けることができます。寄付することによって特産品などを受け取ることができます。

View Detail

簡単に利用できる

食材

ふるさと納税の魅力は、何といっても納税することにより地方の特産品や家電、旅行商品が受け取れることです。節税効果も得られます。自治体窓口や銀行振り込みで手軽に利用できます。

View Detail

状況で選択方法を変える

カニ

最近ではふるさと割やふるさと納税を利用している人が多くいます。お得に食事をしたり旅行をしたり出来るので、利用者が増えてきています。興味がある人は調べると良いです。

View Detail